ソープで働く際の注意点まとめ

>

大衆店ソープと中級店ソープの特徴

大衆店のソープランド

大衆店のソープランドは、お客さんが支払う総額は3万円未満の場合が多く、格安店に分類されています。さらに格安店なのでどうしても収入は低くなりがちで、最初のうちはあまり稼げないもの。しかしランクの高いソープランドとは違い、基本的に覚えることが少なく、テクニックがそれほど重要ではありません。
またサービス時間は短めに設定されており、サービス内容も簡略化されているので、ソープランドで働いたことがない女性でもお仕事を始めることができます。
そしてお客さんを相手にする際も常にゴム着用なので、衛生面に心配することもありません。

ちなみに施設はそれほど豪華ではないことから、大抵はマットプレイが省かれているのも特徴です。

中級店のソープランド

中級店のソープランドはランク中間ぐらいで、お客さんが支払う総額が3万円~4万円前後と大衆店よりやや収入が高めです。
さらに大衆店より90分とサービス時間が長く、さらにはマットプレイといった覚えなくてはならないテクニックもあります。しかしマットプレイなどはきちんと覚えてさえすれば、お客さんから責められことは少なくなるので、慣れないうちは頑張りましょう。

またお金の支払いが高級店よりやや低く、安定したサービスもあることから、客数が多く1日に数十万以上稼ぐことも可能のようです。もちろん大衆店と同じく、接客はゴム着用なので衛生面はバッチリです。

そしてある程度テクニックを身につけたら、次のステップアップのために高級ソープに行くのもありかもしれません。